FC2ブログ
おばあちゃん。
山口県のおうちで、元気にひとりぐらししてきた、わたしのおばあちゃん。
わたしが生まれたときはなんと46歳! 若いっ☆ 
うちの母同様、さらにとっても気が若いおばあちゃんなので、
おばあちゃんとふたりでお出かけしてて、母娘とまちがえられたことあります。

そのおばあちゃん。 このたび、おうちを手ばなすことになったそーな。
聞けば60年近くも住んでたそーな。 え。さみしくないのん? だいじょうぶぅ?

そんなまわりの心配をよそに、当のおばあちゃん、
「おともだちはみんななくなって、知り合いすくなくなっちゃったの。」とケロリ。

雪舟さんのお庭があったりして。 とても雰囲気のある街にあったおばあちゃんのおうち。
こどものころよくあそびにいきました。 なつかしい思い出もいっぱい!
もうあそびにいくきっかけなくなっちゃったァ~とおもったけど。
アメリカにきて山口県出身のおともだちができたから、それはダイジョウブ~☆

そして3月のはじめ。
芦屋の実家のすぐそばの、わたしの弟所有のマンションに引越してきました。
いまごろは来たばかりで、まだ慣れないころだろーなぁーとおもっていたら、
ちくちくが大得意なおばあちゃんは、
ただいま、大きくなりつつあるわたしの服をせっせとちくちくして、すごしてるそーです。

わたしの服がおわったら、つぎはbabyの服をちくちくしてもらわなければなりません。
どこまでも手のかかる孫のために、いつまでも長生きしてね。 おばーちゃーん♪
[2008/03/12 12:11 ] | ひとりごと
| ホーム |